nprogram’s blog

気ままに、プログラミングのトピックについて書いていきます

C# オブジェクト指向設計の学習

  • メソッドでパラメータを渡すのではなく、オブジェクト生成時に必要なデータをすべて準備する
  • データと、そのデータを使うロジックは、一つのクラスにまとめる
  • 一つ一つのオブジェクトの役割は単純にする
  • 複雑な処理は、オブジェクトを組み合わせて実現する

C# シングルトンパターンの学習

C#で簡単なシングルトンパターンを記載してみます。

using System;

namespace ConsoleApp2
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {

            SingletonClass instance = SingletonClass.Instance;
            SingletonClass instance2 = SingletonClass.Instance;

            if (instance == instance2)
            {
                Console.WriteLine("instance == instance2");
            }

            instance.DoSomething();
            instance2.DoSomething();

            Console.ReadLine();
        }
    }

    public sealed class SingletonClass
    {
        private static SingletonClass m_Instance;

        private SingletonClass()
        {
            Console.WriteLine("Created instance.");
        }

        public static SingletonClass Instance
        {
            get
            {
                if (m_Instance == null)
                {
                    m_Instance = new SingletonClass();
                }

                return m_Instance;
            }
        }

        public void DoSomething()
        {
            Console.WriteLine("DoSomething is called.");
        }
    }
}

実行結果

f:id:nprogram:20171009223243p:plain

C#でファイルから一行ずつ読み出し、正規表現を使って文字列を検索し、抽出する

C#で、ファイルから一行ずつ読み出し、文字列を検索し、抽出する方法はいくつかありますが、正規表現を使う方法が一般的です。

以下に、ファイルから一行ずつ読み出し、正規表現を使って文字列を検索し、抽出するプログラムを記載します。

D:\test.txtに以下のようなファイルがある場合において、1行ずつ文字列を読み出します。読み出す処理は、最終行まで繰り返し実施します。 正規表現パターンrgxが、読みだした文字列に存在するかどうか、Matchオブジェクトの Successプロパティの値を確認して判断します。 一致が見つかった場合、返された Match オブジェクトの Value プロパティから部分文字列が含まれています。 一致が検出されない場合、値は String.Emptyです。

test1
test2
test3
test4
test5
using System;
using System.Text.RegularExpressions;

namespace LogRead
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            // Instantiate the regular expression object.
            Regex rgx = new Regex(@"test3", RegexOptions.IgnoreCase);

            using (System.IO.StreamReader file = new System.IO.StreamReader(@"D:\test.txt", System.Text.Encoding.ASCII))
            {
                string line = "";

                while ((line = file.ReadLine()) != null)
                {
                    if (rgx.Match(line).Success)
                    {
                        Console.WriteLine(line);
                        System.Diagnostics.Debug.WriteLine(line);
                    }
                }
            }

            System.Console.ReadLine();
        }
    }
}

ただし、上記の場合では、例えば、ファイルが見つからない場合は、例外が発生してしまいます。 f:id:nprogram:20171003233520p:plain

そのような場合は、try catch節を用いるとよいでしょう。

using System;
using System.Text.RegularExpressions;

namespace LogRead
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            // Instantiate the regular expression object.
            Regex rgx = new Regex(@"test3", RegexOptions.IgnoreCase);

            try
            {
                using (System.IO.StreamReader file = new System.IO.StreamReader(@"D:\test.tst", System.Text.Encoding.ASCII))
                {
                    string line = "";

                    while ((line = file.ReadLine()) != null)
                    {
                        if (rgx.Match(line).Success)
                        {
                            Console.WriteLine(line);
                            System.Diagnostics.Debug.WriteLine(line);
                        }
                    }
                }
            }
            catch (Exception e)
            {
                // Let the user know what went wrong.
                Console.WriteLine("The file could not be read:");
                Console.WriteLine(e.Message);
            }

            System.Console.ReadLine();
        }
    }
}

以下のように、エラー内容を取得することができました。

f:id:nprogram:20171003235219p:plain

環境について

  • IDE : Microsoft Visual Studio Community 2017
  • プロジェクト : C# コンソールアプリケーション

WPF MVVM基礎の学習

INotifyPropertyChangedインタフェースは、プロパティ値が変更されたことをクライアントに通知するインタフェースです。 ICommandインタフェースは、コマンドを定義するインタフェースです。 操作を実行するためにのExecuteメソッド、操作が実行可能かどうかを返すCanExecuteメソッド、CanExecuteの結果が変化したことを通知するCanExecuteChangedイベントを公開します。

MVVMの構造パターン

f:id:nprogram:20170918140725p:plain

ビューは、自身をデータバインディングターゲットとして、データバインディングを確立するとき、INotifyPropertyChangedを実装したオブジェクトをバインディングソースにすることで、 ソースプロパティの変更を検知できます。

ビューはICommandをボタンやその他のアクションとバインドすることで、アクション可能かどうか判断しつつ、ロジックを呼び出すことができます。

INotifyPropertyChangedやICommandは、ビューの上記の仕様を満たすために、用意されています。

MVVMを考慮した簡単なWPFアプリケーションのサンプルは以下のサイトが非常にお勧めです。

<参考サイト>

garafu.blogspot.jp

WPF 基礎の学習

WPFのデータバインディングを勉強していきます。

開発環境は、Microsoft Visual Studio Community 2015を使用します。

WPFでは、データ・ソース(=モデルなどの、データの提供元)をビュー(=WPFの場合はXAMLコード)上のUI要素と簡単に結び付けるために、データ・バインディングという仕組みを提供しています。

サンプルプロジェクトでは、バインディング要素は以下のような関係になっています。

項目 意味 サンプルでの対象
バインディングソース データの提供元のオブジェクト Slider Control
ソース・プロパティ データ提供元となる、バインディング・ソースのプロパティ Slider .Value
バインディングターゲット データの反映先のオブジェクト Label Control
ターゲットプロパティ データの反映咲となる、バインディング・ターゲットのプロパティ Labal Content

<サンプルプロジェクト> プロジェクトは、WPFプロジェクトを選択してください。

<サンプルプロジェクト(ModeプロパティがOneWayのとき)>

<Window x:Class="WPF_TEST.MainWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
        xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
        xmlns:local="clr-namespace:WPF_TEST"
        mc:Ignorable="d"
        Title="MainWindow" Height="350" Width="525">
    <StackPanel>
        <Slider x:Name="SampleSlider">
        </Slider>

        <Label Content="{Binding ElementName=SampleSlider, Path=Value}"></Label>

    </StackPanel>
</Window>

<サンプルプロジェクト(ModeプロパティがTwoWayのとき> UpdateSourceTriggerプロパティがPropertyChangedになっているのに注意してください

<Window x:Class="WpfApplication2.MainWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
        xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
        xmlns:local="clr-namespace:WpfApplication2"
        mc:Ignorable="d"
        Title="MainWindow" Height="350" Width="525">
    <StackPanel>

        <Slider x:Name="SampleSlider"/>

        <TextBox Text="{Binding ElementName=SampleSlider, Path=Value, Mode=TwoWay, UpdateSourceTrigger=PropertyChanged}"/>

    </StackPanel>
</Window>

<参考ページ> www.atmarkit.co.jp