nprogram’s blog

気ままに、プログラミングのトピックについて書いていきます

WPF MVVM基礎の学習

INotifyPropertyChangedインタフェースは、プロパティ値が変更されたことをクライアントに通知するインタフェースです。 ICommandインタフェースは、コマンドを定義するインタフェースです。 操作を実行するためにのExecuteメソッド、操作が実行可能かどうかを返すCanExecuteメソッド、CanExecuteの結果が変化したことを通知するCanExecuteChangedイベントを公開します。

MVVMの構造パターン

f:id:nprogram:20170918140725p:plain

ビューは、自身をデータバインディングターゲットとして、データバインディングを確立するとき、INotifyPropertyChangedを実装したオブジェクトをバインディングソースにすることで、 ソースプロパティの変更を検知できます。

ビューはICommandをボタンやその他のアクションとバインドすることで、アクション可能かどうか判断しつつ、ロジックを呼び出すことができます。

INotifyPropertyChangedやICommandは、ビューの上記の仕様を満たすために、用意されています。

MVVMを考慮した簡単なWPFアプリケーションのサンプルは以下のサイトが非常にお勧めです。

<参考サイト>

garafu.blogspot.jp