読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nprogram’s blog

フロントエンド開発の学習内容を記載していきます。

Expressコマンドを実行して、expressアプリケーションを作成しましょう

Expressコマンドを実行して、expressアプリケーションを作成しましょう

このページでは、expressコマンドを用いて、expressアプリケーションを作成する方法について説明します。

なお、nodeとnpmはすでにインストール済みであることが条件です。 私の環境では、以下のバージョンとなります。 * npm 3.10.3 * node v6.3.0

express myexappでexpressアプリケーションが作成可能です。

npm install expressしてもexpress: command not foundとなる場合は、

以下のコマンドを実行してください。

npm install -g express-generator

詳細は以下のサイトに書いてあります。ありがとうございます。 http://qiita.com/armorik83/items/d8c74a78759f7af18dba

これで、myexappというフォルダの中に、app.jsファイルとその他のファイルが作成されました。

myexappのフォルダ内で、 node app.jsを実行して、サーバーを実行しようとしますが、 これだけでは、サーバーは起動しません。

app.jsにサーバー待ち受け処理が記述されていないためです。

以下をapp.jsの最後に追加してください。 これで、node app.jsで実行してサーバーの処理がスタートします。

app.listen(1234);

console.log('Server running at http://127.0.0.1:1234/');

[app.js]

var express = require('express');
var path = require('path');
var favicon = require('serve-favicon');
var logger = require('morgan');
var cookieParser = require('cookie-parser');
var bodyParser = require('body-parser');

var routes = require('./routes/index');
var users = require('./routes/users');

var app = express();

// view engine setup
app.set('views', path.join(__dirname, 'views'));
app.set('view engine', 'jade');

// uncomment after placing your favicon in /public
//app.use(favicon(path.join(__dirname, 'public', 'favicon.ico')));
app.use(logger('dev'));
app.use(bodyParser.json());
app.use(bodyParser.urlencoded({ extended: false }));
app.use(cookieParser());
app.use(express.static(path.join(__dirname, 'public')));

app.use('/', routes);
app.use('/users', users);

// catch 404 and forward to error handler
app.use(function(req, res, next) {
  var err = new Error('Not Found');
  err.status = 404;
  next(err);
});

// error handlers

// development error handler
// will print stacktrace
if (app.get('env') === 'development') {
  app.use(function(err, req, res, next) {
    res.status(err.status || 500);
    res.render('error', {
      message: err.message,
      error: err
    });
  });
}

// production error handler
// no stacktraces leaked to user
app.use(function(err, req, res, next) {
  res.status(err.status || 500);
  res.render('error', {
    message: err.message,
    error: {}
  });
});


module.exports = app;


app.listen(1234);

console.log('Server running at http://127.0.0.1:1234/');

[./views/index.jade]

doctype html
html
  head
    title= title
    link(rel='stylesheet', href='/stylesheets/style.css')
  body
    block content

[./views/index.jade]

doctype html
html
  head
    title= title
    link(rel='stylesheet', href='/stylesheets/style.css')
  body
    block content

[./views/error.jade]

extends layout

block content
  h1= message
  h2= error.status
  pre #{error.stack}

[./routes/index.js]

var express = require('express');
var router = express.Router();

/* GET home page. */
router.get('/', function(req, res, next) {
  res.render('index', { title: 'Express' });
});

module.exports = router;

[./routes/users.js]

var express = require('express');
var router = express.Router();

/* GET users listing. */
router.get('/', function(req, res, next) {
  res.send('respond with a resource');
});

module.exports = router;